外注費用の内訳

マンションの建築費の大半は、外注費用と呼ばれるものになるでしょう。
内部でマンションを作る専門業者を集めていかなければ、どんなに優れたノウハウがあってもマンションは出来上がりません。そのノウハウを生かすために、外注を集めていくことになるのです。

コンストラクション・マネジメントは、この点で大きなメリットがあると説明もされるでしょう。
コンストラクション・マネジメントの場合、コンストラクターであるゼネコンが、自社の協力会社の中から、本施工に関して必要な業者を見積もります。そこに、施工方法を説明したうえで、施工に必要な人数や使用資材などを検討するよう依頼するのです。この費用を集めたものが、外注費用となっています。

ここで忘れてはいけないのは、ゼネコンの協力会社の中から選んでいるというところでしょう。つまり、仲のいい範囲でしか選択していません。
そして、外注費用となっていますが、ここにも利益を載せているという事です。

見積もりをいらした上に、自社の利益を載せて記入していますので、思っている以上に高いものになっていることがあることは承知しておかなければいけないでしょう。
費用の透明性を高めたいと考えるのであれば、外注に関して知っているところを紹介したりすることも必要ですし、内容を明確にするよう依頼していくこともしなければいけないのです。